平成5年10月に会社を設立し、この仕事に携わり10年が経ちました。
厳しい時代ではありますが、お客様に喜んでもらえることをモットーにがんばっております。
当社は、大手ハウスメーカーの下請け業者として建築工事を全般に行っております。
その中で、ユニットハウス販売は、メーカー直という利点をいかし多くのお客様に提供させていただいております。
ユニットハウスといえば、現場事務所のイメージが強いと思いますが、個人のお客様のニーズも増えております。
物置・実験室・店舗・休憩室・趣味の部屋・こども部屋など多目的に使われています。
その中には、自社の特性をいかし内装・外装を施工しお客様に喜んでいただきました。
今後は、大手ハウスメーカーにはない当社独自の物件など販売していきたいと思っております。
なお、不要になったユニットハウスの買い取りも行っております。査定は無料です。

代表取締役  鷹見 裕之

弊社のユニットハウスは、お客様の要望に併せてそれぞれカスタムメイドで製作します。
そのため大手のユニットハウスメーカーとは違い、お客様のニーズにぴったりマッチした最適なモノをご提供することができます。

鷹見のユニットハウスの特徴 鷹見のユニットハウスの特徴

TAKAMIのユニットハウスならではの特徴を一挙ご紹介。
さまざまな製作段階でみせる徹底したこだわりをご覧ください。

骨組み・屋根」製作時

  • CHECK!!

    断熱材を床にも使用

    TAKAMIのユニットハウスでは、床にも基本的に断熱材を使用しています。床に断熱材 があることで、寒暖の変化に強く、過ごしやすい室内環境になります。

  • CHECK!!

    勾配のある屋根

    水が溜まりにくい勾配のある設計。水はけが良いので雨漏れの一番の原因であるサビ防止になります。

壁・天井」製作時

  • CHECK!!

    壁に「透湿シート」を採用

    家の建築で一般的によく使用される「透湿シート」をユニットハウスの壁に採用。室内に湿気がこもることを防ぎます。 また万が一、外壁から雨が漏れても室内に雨が入ることを防ぎます。

  • CHECK!!

    寒暖の変化に強い 断熱材の詰め方

    天井や壁に断熱材を敷き詰める際、特に天井側の断熱効果を高めることで、寒暖の変化に強いユニットハウスにします。 (壁50mm/10kgに対し、天井には 50mm/16kgの断熱材を使用)

  • CHECK!!

    熱がこもらない隙間

    屋根と天井の間に10~20cm以上の隙間を設けることで、室内に熱がこもらないようしています。

仕上げ」段階

  • CHECK!!

    見た目にこだわった外観

    外見にもこだわるTAKAMIのユニットハウス。 細かいリブの外壁を採用することで、建物としての美しさも追求しています。

  • CHECK!!

    クギ跡が目立たない内観

    室内の壁には通常のクギと比較し、目立ちにくいフィニッシュを採用(写真左)。 当然、接着剤を併用しています。居住空間としての景観を損ないません。

納品・設置」段階 ※レッカー車による搬入部

  • CHECK!!

    困難な設置場所にも対応

    道幅が狭いなどユニットハウスの設置が困難な場所では、レッカー車にて必要な場所に吊り降ろして設置します。

  • CHECK!!

    万全のアフターケア

    「長く使えるユニットハウス」をモットーにしてつくられたTAKAMIのユニットハウス。万が一、トラブルが発生した場合、弊社スタッフがすぐに駆けつけます。

サービスに対するご質問・ご連絡はこちらまで

不要なユニットハウスがあれば無料で査定・買取も致します。
(東海エリアのみ)先ずはお気軽にお問合せください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-983-355
  • メールからのお問い合わせ

    お問い合わせ

お客様からお預かりした個人情報を含む情報は全てを適切に処理し管理いたします。
上記情報は目的外に使用することは無く部外者に提供する事はありません。

MENU